郁弥出演オイシーのが好き!の新聞記事を見て思う

郁弥が出演していたドラマ「オイシーのが好き」のテレビ欄の切り抜きです。
郁弥のドラマ

松下由樹初主演のドラマで、高校生の頃に毎週欠かさず見ていました。なかなか子供には過激な内容ではありましたが、郁弥がとてもかっこ良くてキュンキュンしていました。今見返すと、杉本彩の初々しいぷっくりした顔がかわいいし、伊原剛志は今のイメージとはだいぶ違う弱々しい役どころが面白いです。

当時のOLに絶大的な人気を誇っていた雑誌「hanako」の編集部が舞台になっています。石田純一も出ていたんですね、すっかり忘れていました。

しかし、当時の新聞記事を見てびっくり、「現代の若者風俗ドラマ」となっています。杉本彩が夜のアルバイトをするくらいで、風俗ドラマって言う意味が全然わからないです(^_^;)妊娠とか、三角関係ならぬ5角関係の恋愛ドラマでしたけど、風俗ってことではないっ。

最終回では振られてしまった松下由樹に、大泣きしながら見てました。

オイシーの好きの時の郁弥のインタビュー記事
郁弥の新聞記事

「一人でもメンバーが欠けたら解散だけれど、いくつになっても”チェッカーズ”をやりたいね」

( ;∀;)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)