今でも大好きなチェッカーズナンバー2017年秋版

気づけば一年以上更新していませんでしたが、今日はいつもコメントをくださるOSAMUちゃんさんからコメントがあったので、お返事がてら記事を書いてみます!

いただいたコメントは

今でもチェッカーズの一番大好きなナンバーってなんですか?

と言うもの。

これは非常に難しいご質問です。だってチェッカーズのナンバーは一曲一曲にそれぞれの思い出が詰まっていて、どれも大好きなものばかりだから。

って、ファンならきっと誰でもそうですよね(^^)

この曲を聞くと初めて行ったコンサートを思い出す、とか失恋した時に良く聞いたっけとか、ね?

だから一曲だけを決めることはできないのですが、タイムリーなことについ最近、戻れなくなってしまった自宅からCDやレコード、写真集などを救済してきたばかりなのです!とは言え、残念ながら写真集は汚染があったので破棄しました。

中学生の思い出を捨てることになるなんて、寂しいですが仕方がないですね。震災さえなければ…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今聞きたい!チェッカーズの曲はこれ

話しがそれましたが、秋になると聞きたくなる曲と言うかアルバムがあるんです。ずーっと聞きたいなぁと思っていたのでCDを持ち帰れてめちゃ嬉しい!

それは【OOPS!】です。

1990年8月8日に発売された8枚目のアルバムで、かなり個性的な曲が並んでいる一枚だと思っています。

収録曲はこちら(ウィキペディアより

ACID RAIN
作詞:武内亨・藤井郁弥 / 作曲:大土井裕二 / 編曲:富樫春生、THE CHECKERS FAM.

See you yesterday
作詞:藤井郁弥 / 作曲:武内享 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

M-3
作詞:藤井郁弥 / 作曲:大土井裕二 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

危険なNo.5
作詞:藤井郁弥 / 作曲:鶴久政治 / 編曲:THE CHECKERS FAM.
イントロにパーカッションで構成される。

Gold Rush
作詞:藤井郁弥 / 作曲:大土井裕二 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

One more glass of Red wine
作詞:藤井郁弥 / 作曲:鶴久政治 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

100Vのペンギン
作詞:藤井郁弥 / 作曲:藤井尚之 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

Call Up Paper
作詞:藤井郁弥 / 作曲:鶴久政治 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

Kiss
作詞:藤井郁弥 / 作曲:鶴久政治 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

一週間の悪夢
作詞:藤井郁弥 / 作曲:武内享 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

眠れるように
作詞:藤井郁弥 / 作曲:藤井尚之 / 編曲:THE CHECKERS FAM.

初恋
作曲:藤井郁弥

思い出がつまったアルバムだから…

なぜ秋になると聞きたくなるか、正確には夏の終わりから秋にかけて聞きたくなるのですが、その理由は1990年8月16日から21日まで行われた武道館コンサートへ参戦した帰りのできごとにあります。

当時専門学校生だった私は、いつものようにチェッカーズ仲間とコンサートを楽しみ、人生初の野宿を経験しました!なんで野宿したのかは覚えていないのですが、代々木あたりの小さな公園のすべり台の下で寝た記憶があります。

一晩の間に数え切れないくらい蚊に刺されひどい目にあいました(^_^;)

そして翌日、仲間と別れ田舎へ帰るために特急スーパーひたちに乗り込みました。学生なので指定席には乗れず自由席へと乗り込むと席は満席。野宿でへとへとの状態で上野から茨城県は水戸までず~っと立ちっぱなしで体力の限界を迎えていた時のこと…。

ガタッ、ゴロゴロゴロ。

と言う音とともに電車が停止。一体何が起きた?と思ってしばらく待っていると車内アナウンスで「人身事故発生」を告げられました。警察が担架や白い布を持って歩いている姿にかなりショックを受けましたね…。

電車は故障し、私が乗っていた車両を切り離すので別車両へ移動して下さいと…。やっと座れるかなと思っていた矢先また立つハメになり、電車もかなり遅延して出発しました。

ようやく家にたどり着いたのは夕方、興奮していた私は東京の友達へ電話をして話しを聞いてもらおうとしたのですが、野宿で寝ていないためかあまり話しを聞いてもらえず、早々に電話を切った記憶があります。当時は黒電話でしたね(笑)

こんな強烈な思い出があるアルバムがOOPSなのです。もちろん毎日聞いていたから大好きな曲がいっぱいあるのですが、聞くと必ずこの嫌な思い出が蘇ります。って、あれ?嫌な思い出でしたね(笑)

しかも当時は失恋もしているので嫌な思い出がつまっているアルバムかもしれません。あれー??(笑)

「一週間の悪夢」「眠れるように」この曲の流れがすごく好きですねー。でもどの曲もすごく本当に好きです。「シーユーイエスタデー」から「M-3」もいいですし、「ゴールドラッシュ」もすごくテンションが上がる一曲。

そして「ワン・モア・グラス・オブ・レッド・ワイン」はちょっとキュートビートクラブバンドを思い出させるような曲調で大好き!さらに当時シングルになるかも?と噂された「100ボルトのペンギン」、歌詞が強烈で印象強い曲ですよね。メロディーはかなり好きです。

「Kiss」のイントロで流れる虫の声、大好きです。これを聞くと余計に「秋」って感じがして。いや、夏なのか?

因みにOOPSサマーツアーのセットリストはこちらで見ることができます。なんて便利なサイトなのでしょう。

6年以上聞いていなかったOOPSが聞けて感無量です!引き続き、好きな曲なんかをまとめた記事を書きたいなーと思いました。

皆さんの今でも大好きなナンバーは何ですか?今聴きたい曲でもいいので、コメントいただけると喜びます(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. OSAMUちゃん より:

    コメントを記事にしてくださり、ありがとうございます。
    昨日9月21日はチェッカーズのデビュー記念日でしたね。
    ちなみに今日22日は僕の47回目の誕生日です(笑)
    OOPS!ですか!ハウス系などダンサブルに走ったアルバムですね。郁弥氏のライブ衣装もNIKEでした。僕も好きですよ。
    僕もOOPS!に関しては少し思い出があり、それは何か!
    大阪城ホールでのsummertourに参加したんですが、席もアリーナで前の方でした。環境はバッチリなんですが、チェッカーズなんとアルバム発売前にtourに出るという暴挙に出てしまい!(笑)(当然ライブ参加時点では、まだ発売前でした。)よってライブパフォーマンスのカッコ良さは充分伝わってくるんですが、いかんせん聞いたことない歌ばかり中心になるもんですから個人的には不完全燃焼でした。(なき)残念!
    どうしてもライブ前にはCDレコード聴きこんでいきますからね。
    tour後半の方たちはCD間に合ったんじゃないでしょうか?
    しかし面白いもので逆にCDが待ち切れない気持ちになりました(あせる)
    話は変わりますが、確かにこの間のコメントはむずかしい質問でしたね。確かに自分が問われても迷います。答え出ないと思います(笑)ただ夏が終わった時期、聞きたくなるのは、ミセスマーメイドです。理由はありません!歌詞聞いていたたければ解ると思います!そのままです(笑)
    ティーンネイジ・ドリーマー
    中学の時、転校しなければならなくなって、この曲を聞いたとたん
    涙した記憶があります。今でも大好きな一曲です。
    あとYonTubeとか見るじゃないですか、チェッカーズ検索してチェッカーズのオリジナル見るんじゃなしにチェッカーズのコピーバンドとかの動画みたりするんですよ。すると多分僕らより一世代上の人達のバンドがライブでジュリアに傷心コピーしてたりするんですね。僕らの一世代上になると、星屑、ジュリアに、は定番ですしね(笑)それを見てると、あ〜こう言う人達のバンドにもチョイスされる曲になったんや(オールディーズのコピーバンドと思います)そう思って聴きかえすとまた違った感覚で入ってきます。
    ジュリアに傷心。やっぱり王道やなぁって思いました。早速この前カラオケで熱唱してきました。
    それとカラオケの動画をアップしてる女性の方がいて渚のダンスホール歌ってるんですよ。
    なんとなく聴き入ってしまい、やっぱりいい曲やなぁと今現在毎日
    仕事中、車の中で熱唱してます(笑)
    すごく天気のいい日ドライブにでも出かけたときのBGMは、
    君はRock-A-balladeなんかがいいですね。
    とにかく今は一刻も早くカラオケで渚のダンスホール熱唱したいです(笑)