藤井尚之プロフィール

プロフィール・藤井尚之藤井尚之
【生年月日】1964年12月27日
【血 液 型】A型
【学   歴】九州産業大学付属九州産業高等学校卒業
【出 身 地】福岡県久留米市
【担当楽器】サックス
【あ だ 名】なおゆき、なおちゃん

◆リードボーカル藤井郁弥の実弟
◆高校生だった尚之の卒業を待って7人は上京
◆チェッカーズ作曲担当、アイドルに楽曲を提供するなど作曲家としても活躍
◆代表曲「Long Road」「NANA」「Blue Rain」「素直にI’m Sorry」
◆ソロ活動
1987/10/21 NATURALLY発売:洗顔フォームPAGEONE CM曲(西村知美出演)
1988/04/21 Manhattan
1988/12/27 クロームメタリック

スポンサーリンク
レクタングル(大)

藤井尚之と私

郁弥の弟ということで注目される存在だった尚之。ファン的には藤井兄弟が共演することがとても嬉しく、二人が作詞作曲をした「RongRoad」と言うファンへのメッセージが詰まった名曲は、ファンの宝物になっています。イントロのオルガンを弾けるようになりたくて、何度も練習したものです。たぶん、今でも弾けるんじゃないでしょうか(^^)

尚之と言えばサックスですね。チェッカーズの後に出てきたアイドルやバンドにサックスが増えたような気がします。少なからず影響を与えていることでしょう。

俳優の武田真治さんがサックスを始めたのも、尚之の影響だとおっしゃっています。サックス演奏者になるためにジュノンボーイのコンテストに応募したとか。それほどまでに影響を与えた存在ってスゴイですよね。

本当はベース担当だった尚之が、裕二の加入によってサックスに変更を余儀なくされたわけですが、それが彼には良い方向転換だったのは、ファンにも納得の出来事じゃないでしょうか。

アルト・サックスを吹いていましたが、曲によってソプラノやバリトンサックスを操る姿は本当にカッコ良かった! ハート・イズ・ガン~ピストルを手に入れた夜~でのソプラノ・サックスはとても印象に残っていますし、これをキッカケに始めたファンも多いと思います。いつぞやの武道館ライブへ行った時、外で吹いているファンを見かけました(^^)

ソロの楽曲も私は大好きで、ソロコンへ行きたかったのですが念願叶わず。ソロデビュー曲のNaturallyは郁弥氏にも首をかしげられたそうですが、私は大好き!あのイントロを聞くとテンションが上がりますもの!その後のManhattanもクロームメタリックもとにかく大好きです♪

解散後は兄のフミヤ氏とF-BLOODを結成、NHKの長野オリンピックテーマソング「SHOOTING STAR」はテレビから良く流れていました。

また、他アーティストへの楽曲提供にもかなりの名曲があります。

  • 木梨憲武「なお、あなたを…」1987年
  • 猿岩石「白い雲のように」1996年
  • V6「GENERATION GAP」1997年

猿岩石のデビュー曲にしてミリオンセラーの名曲【白い雲のように】は藤井兄弟の作詞作曲です。さらにV6においては、永遠のライバルであるジャニーズに楽曲を提供したことでもかなり話題になりました。私はジャニーズも好きだったので、かなり嬉しかったことを覚えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする